8020運動へ・・・・・六歳臼歯に熱く感動した!!

子供の歯が抜けたー。子供は、真っ赤な顔して、目を大きく開いて、小さな 手で抜けた歯をつまみ、震えているようだ。一瞬何が起きたのか、理解でき なかったのだろう。「歯が抜ける!」自分の肉体の一部が、そぎ落とされる 瞬間。初めての大きな衝撃だった。 子供は、2歳くらいには、自分でハミガキする習慣を学ぶ。純粋な目をし、 むし歯にならないように(虫歯怪獣に負けないように)、磨く。多くの親も この2歳~3歳くらいに、一生懸命、ハミガキさせるように絵本やビデオを 買った経験もあるだろう。 この頃には、歯みがきの習慣づけが大きな目的だからだ。 でも、むし歯が全くない子供でも5歳~7歳に大人の歯に生えかわるのだ。 子供にとって大きな衝撃は、親にむし歯にならないように、毎日磨いてきた のにこの仕打ちは、ないだろう!って思うに違いない。 「えっ結局抜けちゃうの?」「今まで磨いてきたのは無駄だったの?」 しかし、ここが親として本当の歯みがき習慣を意識させるターニングポイント になるのだ。その前に六歳臼歯についてご存知であろうか? 8020を目指す親にとって、この六歳臼歯は、登竜門なのです。 6歳臼歯は6歳頃に前の歯から数えて6番目に頭を出す、 永久歯の中で一番大きな歯です。? 大人で40~50㎏の 噛む力があり、最強の歯といえます。?そのうえ歯並びや 咬み合わせの 中心になり、顎の発育や顔の形まで影響を あたえる為、まさに『6歳臼歯は歯の王様』とまでい われてます。 ?しかし、6歳臼歯の頭が見え始めてから完全に咬み合う までの2~3年の間で、 約50%の児童に虫歯になります。 この時期の6歳臼歯は、①エナメル質が完全に石灰化して いないため軟らかい。②形の複雑なことや頭が完全に出て いない。③ブラッシングが未熟なこと もあって虫歯になりや すいのです。この大切な6歳臼歯がなくなると、噛む力が 40%も低下し 非常に食べにくくなり、歯並びもくるいはじ めるのだそうだ。 子供に歯みがきの大切さを伝えるには、「しまじ○う」も「アンパ○マン」も とっくに卒業してしまっている・・・・・。 そこで子供といっしょに冒険ストーリー仕立てのキャラクター絵本をつくる 事にチャレンジした。歯みがきチューブをイメージした王子様という設定だ。 名づけて「チューブ王子の大冒険」。形も、子供が真似しながら落書きでき る程度のディフォルメ化させ、サブキャラや敵キャラも子供と考えた。 最近の子供は、「ポケ○ン」や「かいけつゾ○リ」などが大好きだった。 親としては、「マジンガー○」、「ロボ○ン」「タイムボ○ン」の感覚なので 何度も意見がぶつかったが、「ドラ○モン」や「ガン○ム」の路線は、一致 した。30年のゼネレーションギャップを埋めるには、十分だった。 「チューブ王子の大冒険」を通して、毎日が歯みがきの話題で盛り上がった。むし歯キンをキレイに する必殺技は、どうすればよいか?「ピカピカフレッシュ?」「スーパークリーン?」 8020について、六歳臼歯について、だけでなく、ハミガキメーカーのTVCMで何を訴えているか? ドラッグストアには、どんなハミガキ製品が並んでいるか?単に知識的なものでなく、いつしか 歯みがき自体を楽しむようになっていった。そして毎日、いっしょに歯を磨くようになっていった。 歯を大切にすることは、丈夫な体を作り、健康にとっても大切という事がわかってきた。 いつしか「チューブ王子の大冒険」の原作は、12話まで完成してしまった。   ある朝。六歳臼歯が生えてきた。すでに子供にとって、その意味を十分に 理解していた。今では、本当の意味で歯みがきを楽しむようになった。 大成功だった。私は、感動した。ちょっと泣いてしまった。 歯を磨くという、当たり前の習慣で、こんなに親子の絆が深まるものか。 歯を磨くという、素晴らしい習慣で、デンタル業界が身近になったのだ。 この業界に敬意を表し、気づくと8020推進財団の会員にもなっていた。 全てが初めての経験だったが、感動が心を動かし、感動が人を動かした。 この親子の記録「チューブ王子の大冒険」を絵本出版することにした。 歯の博物館に足を運び、熱心に勉強した。8020運動の大切さを学んだ。 出版するや否や、日本歯科新聞、ナイルスナイル、あんふぁん、はっぴーママにも大変お世話になることになった。(日本歯科新聞掲載記事)   例えば、この絵本を単なる絵本でなく、奥の意味をご理解頂き、お子様の歯みがき習慣に役立てて みては、いかがでしょうか?6歳前後のお子様こそ、あらためて歯みがきに興味を持って下さい。 絵本は、ツールにすぎません。この絵本を元に新しい「チューブ王子の大冒険」を作ってください。 子供と感動し、「勇気・友情・親子の絆」について、「家族」で話し合う機会を作りましょう。 そして何より、ハミガキを楽しみ、80歳で20本の健康の歯を目指しましょう。

 

Comments

No comments so far.

  • Leave a Reply
     
    Your gravatar
    Your Name